銘柄分析

UUUM(3990)株価分析。Youtubeの仕様変更でヒカキン打撃

スポンサーリンク

HIKAKINやはじめしゃちょーを抱えるYoutuber事務所、UUUM(株)についての記事です。この記事ではUUUMが投資対象として魅力的なのかをYoutube業界の今後の展開や銘柄分析を交えて書かせていただきます。

UUUM(3990)株価分析。Youtubeの仕様変更でヒカキン打撃

この記事の要点です。

  1. UUUMはYoutuber事務所の最大手
  2. Youtube利用者はこれからも増える
  3. 業績、財務は良好
  4. 株価は割高に見える、買い時がむずかしい。

 

Youtuber事務所唯一の上場企業

企業情報です。

会社名 UUUM株式会社
設立 2013年
所在地 東京都港区
従業員 382人
代表取締役社長 蒲田和樹
決算期 5月
事業 ユーチューバーのサポート
インフルエンサーを活用したプロモーション
大株主 蒲田和樹
梅田裕真

大株主に社長の名があります。
株価を上げるよう意識した経営戦略をたてるので、好材料です。

事業内容

主な事業は2つです。

①アドセンス収益

アドセンス収益の収益モデル
ドセンス収益とはYoutuberがグーグルからもらえる報酬のことです。
動画を再生すると最初に流れるCMなんかがアドセンス収入となっています。
本来ならばチャンネルの管理者であるYoutuberに収入が入るのですが、UUUMはマネジメントをすることで、手数料として収入の一部を得ています。

アドセンス収益のUUUMの取り分は20%と言われています。

②広告(タイアップ動画)

タイアップ動画による収益モデル
ユーチューバーが広告主の商品を紹介する動画を配信し、広告主は制作費をUUUMに支払います。
そしてUUUMはその制作費の一部をユーチューバーに支払うという流れです。
Youtuberがよく「案件」と言っているのがこのパターンです。

 

優位性とリスク

優位性

▽上位層のyoutuberが在籍

同社の主な収入源はアドセンス収益です。
このアドセンス収益は再生数に依存する為、在籍するYoutuberがどれだけ再生数を稼げるかが利益に直結します。
その点、UUUMはHIKAKINやはじめしゃちょーなど、業界でも5本指に入るほどのYoutuberが在籍しているので、彼らが事務所を辞めない限りは安泰かと思います。

 

▽Youtubeは今後伸びる分野

Youtubeの利用者は主に若者、子供です。
まだスマホを手にしていないこどもたちも多くいるので、利用者は今後も増え続けるでしょう。
また、運営しているのが天下のGoogleなので、閉鎖されることはまずありえません。米中貿易摩擦の影響を受けて利益が落ちるようなこともありません。

GoogleはYoutubeの方針として子供向けのコンテンツを重要視しています。
要するに、過激・性的な動画は削除するということです。

UUUMに所属するHIKAKINやはじめしゃちょーは子供向けの動画を配信しているので、この点から見ても追い風が来ていることがわかります。


リスク

1/30 更新
Googleは子供向けコンテンツに対しての広告費を削減や視聴者の機能制限することを発表しています。

理由としては、米国の児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)に違反していたからです。

子供向けの動画で広告費を稼いでいたGoogleはCOPPAに違反したとして、1億7千万ドルもの罰金を支払わされました。

その対策として、子供向けチャンネルの大幅な仕様変更に至ったわけです。

UUUMの稼ぎ頭であるヒカキンやはじめしゃちょーは子供向けコンテンツを提供しているため、大きな打撃を受けることになります。
もちろん被害を抑えるために何かしらの策を講じるでしょうが、以前より稼ぎにくくなることは間違いありません


スポンサーリンク


 

業績は堅調

2016年から2020年(予想)の業績推移です。

UUUMの過去5年間の業績推移

売上、利益ともに右肩上がり

特に問題はありません。

動画市場が以下に賑わっているかわかりますね。

在籍するYoutuberに人気が出てきたらさらに業績は伸びるでしょう。

 

セグメント別の売上高はこんな感じ

UUUMのセグメント別の売上高引用:UUUM_IR

アドセンス収入が柱となっています。
視聴者が動画を再生しただけでこれだけ入ってくるビジネスは美味しく思えてしまいますね。

財務は健全

財務に関する指標です。※数値は12月4日時点

総資産 6,561百万
自己資本 3,191百万
自己資本比率 48.6%
有利子負債 719百万
設備投資 129百万
研究開発費

 

自己資本比率は48.6%とちょうどいいラインです。
低いと倒産リスクがあり、高いと守りに徹しすぎて投資対象としての魅力がありません。

有利子負債の割合も低いので、財務は健全です。

Youtuberの事務所なので設備投資、研究開発費は少なめです。逆にどんな設備投資しているのか。。

 

収益力

収益力の指標です。※数値は12月4日時点

売上営業利益 5.38
ROE 27.59
ROA 13.41

売上営業利益率は意外と低めでした。
やはりアドセンスの取り分が20%だとすくないのか。。

ROE、ROAは文句なし
これは株主から得た資本からどれだけ多くの利益を生み出しているかを表す指標です。
27%は高い部類に入るので、魅力的です。

株価推移

2年チャートです。 1月29日時点の数値です。

UUUMの2年チャート
引用:楽天証券_UUUM_チャート

株価 3,350円 時価総額 651億円
PER 73.90 信用倍率 40.83倍
PBR 19.07 外国人保有率 18.3%
配当


株価は2Q決算後に下落。

●現在の株価は最高値の約半値にまで落ちています。

●PER,PBR高いですが、マザーズの銘柄はこれらの指標が高くてもガンガン株価上がるので、あまり参考にならないです。

●信用倍率が高いので、落ちる時は早いです。

●同業社が上場していないので、割高なのか比較が難しいです。

まとめ

・Youtube業界はしばらく明るい
・財務健全
・ROE高い

・同業社が上場していないので買い時の判断が難しい
・専属Youtuberの再生回数に依存している
・業績はGoogleの広告単価の変動に強く左右される
子供向けコンテンツの規制

以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。