銘柄紹介

ロゼッタ<6182>は下がったら買おう【魅惑のボックス相場】

6182ロゼッタの株価が買い時なので、株価分析、企業紹介の記事を書かせていただきます。

ロゼッタの株価は下落したら買うべき

ロゼッタの株を買うべきだと言える根拠は以下の3つです

  1. 業績好調
  2. ボックス相場の傾向があり、下落しても超回復
  3. 高ROE

以下、企業説明と分析内容を記載しております。

企業情報

社名 株式会社ロゼッタ
本社所在地 東京都千代田区神田神保町
設立 2004年2月
事業内容 AI自動翻訳の開発・運営
代表取締役 五石順一
資本金 2億5000万円
従業員 179名

引用:ロゼッタ_会社情報

事業内容

ロゼッタは以下の3つの事業を主軸としています。

  1. MT事業 

    AI自動翻訳ツールの開発・販売

  2. HT事業 

    専門家による翻訳サービス

  3. クラウドソーシング 

    世界中のバイリンガルに仕事を依頼できるサービス


この中でもMT事業(AI自動翻訳)が注目です。

AI自動翻訳ツールの開発・販売

強み

・チューニングにより特定の分野に特化した翻訳が可能
・選択できる分野は2000種類以上
・社内表現などもAIにより自動学習

 

業績

2017~2020年(予想)にかけての業績

(百万円) 売上高 経常利益 当期純利益 配当金
2017年2月期 1,908 234 169 4.5円
2018年2月期 2,006 -14 -1,214
2019年2月期 2,908 337 255
2020年2月期(予想) 秘密 秘密 秘密

引用:株探_ロゼッタ_業績

業績は2018年から2019年にかけて大きく成長していますね。

しかし、2018年の赤字を機に配当金が0円となり、現在も継続中です。

2020年の2月期の業績が秘密の理由は以下のように説明しております。

五石社長
五石社長
今期から当面の間、MT事業の売上成長率が落ち着く(目安として対前年比150%)までは、業績予想は固定値として開示しないこととしております。業績予想数値に縛られて費用を加減調整することなく、時々の機に応じて長期成長の目的のみに最も適合する選択に徹するためです。

少なくとも前年比以上ということは確定しているようです。

 

良い要素
・2019年に業績プラ転
・2020年の業績は大幅増益予定

悪い要素
・配当金0円

 

財務

財務情報の一部抜粋です。

ROE 24.5%
ROA 9.7%
営業CF 825百万円
投資CF -696百万円
財務CF -232百万円
現金同等物 851百万円
自己資本 1,191百万円
自己資本率 45.1%
有利子負債 523百万円

引用:Yahoo!ファイナンス_ロゼッタ

 

良い要素
・ROE、ROAが高いので、効率よく稼げている
・営業CFがプラスになっているので、本業で収益化できている
・現金同等物>有利子負債となっているので、倒産リスクが少ない
・自己資本比率が45%あるので、倒産リスクは少ない

 

悪い要素
・投資CFが多め

 

株価予想


引用:楽天証券_ロゼッタ_チャート

株価 3570円
PER 114.79倍
PBR 30.84倍
配当 0円
信用倍率 218倍
外国人投資家保有率 17.2%
投信 7.3%

7月に好決算をたたき出して一時4400円となりました。

しかし、米国の株安につられて、みるみる株価が下がり、現在V字復帰の兆しが見えてきたところです。

この銘柄は機関投資家がよく売買しており、
一定の範囲内で上がり下がりを繰り返す、という
ボックス相場と言われる特徴があります。

その為、多少株価が下がってもすぐ回復するので、焦って損切りする必要はありません。
逆に言うと、上がってもすぐに下落するので、早く利確しましょう。

株価予想ですが、
業績が伸び続けているので、3か月以内に4000円は超えてくるでしょう。

良い要素
・期待度が高い為、株価がこれからも上昇する。
・ボックス相場なので、スイングトレードで儲けやすい。

 

悪い要素
・PER、PBRが高いので、割高感がある。
・信用倍率が非常に高いので、急降下の可能性がある。

 

まとめ

良い要素
・業績の伸びが驚異的
・高ROE
・なんだかんだ底が堅い

悪い要素
・PERとPBRが高いので、手を出しづらい
・配当0なので、長期保有のメリットがない
・下落するときは何日も続けて下落する

配当0な上、ボックス相場なので、スイングトレードに向いています。

チャートをみながら底値を判断しましょう。

3日続落したら買ってもOKだと思っています。

あとはボリンジャーバンドー2σあたりで狙ってもいいですね。

ではでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。