経済

【最新】まだ買うな?!日産の株価と経営について

こんにちは

日産の現在(2019年6月5日時点)の株価と経営状況について書かせていただきます。

日産の株価・経営状況

株価は大暴落中

現在の日産の株価は758.8円。

昨日年初来安値を更新しています。

チャート画像
参照元:yahoo!ファイナンス

暴落の原因とは

株価暴落の原因は2019年5月15日に発表した2018年の連結決算です。

以下、内容になります。
まずは2017年度と2018年度の累計です。

(億円) 17年度累計 18年度累計 増減 対前年同期比
売上高 119,512 11,5742 -3,770 -3.2%
営業利益 5,748 3,182 -2,566 -44.6%
経常利益 7,503 5,465 -2,038 -27.8%
当期純利益 7,469 3,191 -4,278 -57.3%

純利益ー57.3%は災害級ですね。

続いて2019年度の見通しです。

(億円) 2018年度実績 2019年度見通し 増減 対前年同期比
売上高 11,5742 113,000 -2,742 -2.4%
営業利益 3,182 2,300 -882 -27.7%
当期純利益 3,191 1,700 -1,491 -46.7%

さらに下がっとるやないか!笑

どうしてこんなことに。。

西川社長はこの業績悪化についてコメントしています。

西川社長
西川社長
日産は米国市場の拡大の為、販売店へのインセンティブを積み増ししたり、利幅の薄いレンタカー事業などに手をかけ、収拾がつかなくなってしまった。

結果、北米事業の営業利益率は1.2%にとどまっています。

ルノーとの闘い

フランスの自動車会社・ルノーは日産の株式を43%も保有している大株主です。25%以上の保有になるので、議決権停止の権利がありますね。
日産の元会長カルロス・ゴーン氏がルノーの取締役だったこともあり、言い方を悪くすれば、日産はルノーの私腹を肥やすために利用されていました。

持分利益によるかさ増し

ルノーは日産の持分利益を計上できる為、(ルノー自社の業績+日産の利益の一部)が決算内容となっています。
日産が景気のいい時はルノーの業績赤字をプラ転させたりしていたそうです。

配当金のつり上げ

日産の配当金は1株あたり57円
約7%

脅威の数値ですね。

しかしこれもゴーン氏がルノーの資金を潤沢させる為の作戦でした。

業績不振だったルノーは20年間日産の株を保有していることで、

株式の購入金額を上回る配当金を手にしていたのです。

ちなみにゴーン無き現在は20年3月期に配当金を40円に引き下げるようです。

まだ買うな!?

理由は3つ。

①決算報告によると20年3月期では利益が減少する見通し。

②トランプ氏による貿易摩擦。タイムリーな話をすると、米中貿易戦争や、メキシコへの制裁関税ですね。輸出企業の株価は下がる可能性が高い。

③ルノーの経営が低迷していること。もはや切っても切れない関係のルノーが足を引っ張っている事実です。

買いのタイミング

今まで見てくださった方は、こんな銘柄買えないよ!と思うかもしれません。

確かに業績悪化中の企業は手を出しづらいですが、右肩上がりに転じたときに株価が高騰することはよくあります。

また、40円に引き下げられたとはいえ、約5%の配当金は大きいですよね。
ということで、買いのタイミングについて書かせていただきました。

①上記3つの理由が解消されたとき
②前年同期比より純利益が増加

③ルノーとの経営統合

ではでは^^