銘柄分析

日本KFC(9873)純利益4倍となった銘柄分析【3月,9月株主優待】

スポンサーリンク

この記事では、ケンタッキー・フライドチキンで知られる日本KFCホールディングスの銘柄分析をしています。株価が高騰した理由、株主優待にも触れていきます。

日本KFC(9873)純利益4倍となった銘柄分析【3月,9月株主優待】

この記事の要点です

  1. 株価は2019年中ごろから1.5倍になったが、まだ割高圏ではない
  2. 株主優待は利回り低い
  3. 中間決算では純利益が4倍に増加
  4. 財務は健全
  5. 収益力は低く、他社と同水準

 

企業情報

社名 日本KFCホールディングス(株)
本社 神奈川県横浜市
設立 1970年
決算月 3月
従業員 連結 883人
大株主 ・三菱商事
・自社
・自社オーナー持株会

三菱商事とアメリカのKFCコーポレーションの共同出資により設立した会社です。

筆頭株主の三菱商事の持ち株率は約35%です。

事業はケンタッキー・フライド・チキンの経営のみです。

株価は2019年で1.5倍に

下図はKFCホールディングスの5年チャートです。

KFCの5年チャート
引用元:Yahoo!ファイナンス

株価 3,190円
PER 19.27 時価総額 715億円
PBR 3.13 外国人保有率 8.4%
配当利回り 1.57% 浮動株 46.4%

 

業績好調により、株価は2019年中ごろがら急激に伸びています。
時価総額は思ったより低かったんですね。

こんだけ株価上げてもPERは20倍以下で、そこまで割高ではない状況です。

株主優待

日本KFCには株主優待制度があります。
権利落日は3月末9月末

保有株式数に応じてケンタッキーフライドチキンで使用できる優待券が提供されます。
内容は以下の通りになります。

保有株式数 金額(半期ごと)
100株~299株 500円
300株~499株 1,500円
500株~999株 2,500円
1000株以上 5,000円

1月9日時点での株価は3,190円なので、年間優待利回りは100株で0.3%になります。

結構寂しい利回りですね。

ちなみにライバルのモスフードとマクドナルドは年間優待利回り0.6%となっているので、優待拡充も今後は考えられます。


スポンサーリンク


利益は4倍に成長

下図は2020年度3月期の予想を含めた5年間の通期業績推移です。

2020年の業績は会社予想ですが、利益が大幅に増加しています。

プロモーションが功をなしたようです。

そして、11月13日に発表された2Q決算では、以下の業績が発表されています。

(百万円) 2019年 2Q 2020年 2Q 増減
売上高 35,070 38,052 8.5%
営業利益 485 2,466 408%
経常利益 547 2,766 405.6%
純利益 367 1,896 415.6%

引用元:決算短信

純利益が4倍以上!

しかも通期予想の純利益超えてます。笑

KFCはクリスマスに売り上げが急激に伸びる特徴があるので、下期の業績はこれを超えるものが予想されます

 

ちなみに日本KFCホールディングスのHPから以下のように月次業績を確認できます。
飲食店では大体開示してますので、公開されたらすぐにチェックすることをお勧めします。

KFCの月次売上

これを見ると改めて今年は絶好調なことがわかりますね。
毎月前年を超えているので、世帯にKFCが定着していることが考えられます。
となると、来年も期待ができそうですね。

財務

財務に関する指標です。

総資産 37,938百万円
自己資本比率 59.9%
利益剰余金 5,810百万円
有利子負債倍率 0.02
設備投資 1,159百万円
減価償却費 2,291
研究開発費 33百万円

自己資本比率は高く有利子負債倍率も低いので、資金には余裕があります。倒産リスクはありません。

設備等額は純利益よりも低いので、特に負担にはならない金額ですね。

収益性

収益性を示す指標をまとめました。

売上営業利益率 2.02%
ROE 4.40%
ROA 2.64%

営業利益率はかなり低いですね。

そもそも飲食店は人件費が利益を圧迫しているので、利益率が低い傾向があります。

ライバルのモスフードも2%台です。

ファーストフード首位のマクドナルドは営業利益率が9%あるので、KFCは業務改善して何とか利益率をあげて欲しいですね。

ROEも同様の理由で低い水準となっています。

まとめ

・プロモーション成功により、利益大幅増加
・株価は妥当
・財務健全

・営業利益率が低い
・株主優待の魅力度が低い

以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。