株テク

【必勝】PERを使った割安株の見抜き方

スポンサーリンク

この記事では株の選び方をPERを重心に置いて書きます。

株の選び方と注意点【PER編】

株は安値で売って高値で売るのが基本ですね。

しかし、今の株価が安値なのか高値なのかわからなければ、
株トレードで利益を生むのは不可能です。

そこで、今回は株価の割安度をPERという指標を使って説明します。

PERを見れば割安かわかる

PERとは株価収益率とも言います。

株価の割安度を表す指標としてよく使われます。

引用:株探

証券会社等のHPでも見ることができますが、自分で算出することも可能です。

実際に算出してみましょう

PERは以下の式で算出できます。

PERの算出方法

PER株価÷1株当たりの純利益(EPS)

この時の一株当たりの純利益(以下EPS)は来期の連結予想の値を使用します。

 


引用:https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2019/190425.pdf
↑は任天堂の決算短信です。
企業HPの「IR情報」もしくは「投資家向け情報」から確認できます。

 


↑は任天堂の株価とPERを表示しています。

EPS:1,511
株価:38,290

PER=株価/EPS=38,290/1,511=25.34

合ってますね。

PERはどの数値を使っているか覚えておきましょう。

PERの数値の見かた

一般的にこの値が20を下回ると割安と言われますが、業界によって平均PERは異なります。
なぜなら、、
投資家は利益が欲しいため、今後の成長が期待できる分野にしか投資しません。

株価は投資家からの買いが集まることで上がります。

株価が上がることによってPERも上がります。

よって
新技術が関わる分野のPERは自然と高くなり、既に広まっている分野のPERは低くなります。

PER応用編

実質PERを求める

PERの算出に使われる当期純利益は経常利益から「特別利益」「特別損失」「法人税」という3つの項目を加減しています。

「特別利益」「特別損益」は通常の業務では生じない、臨時的な収益または費用のことです。
固定資産の売却で得た利益は特別利益に計上され、災害被害などの補修費用は特別損益に計上されます。
つまりイレギュラーな金の動きです。

これらは年によって大きくばらつきがあるので、「特別利益」「特別損失」を取っ払って、より正確なPERを算出しましょう。

より正確なPERを実質PERと仮称します。

実質PERの算出方法

実質PER=株価÷(経常利益×65%÷発行済み株式数)
※法人税は35%弱なので、当期純利益を経常利益×65%とします。
※発行株式数はyahoo!ファイナンスで確認できます。

実際に任天堂の実質PERを求めてみました。
株価:38,290円
経常利益:260,000百万円
発行株式数:131,669,000株

実質PER
=38,290÷(260,000百万×65%÷131,669,000)
29.83

過去のPERと比較

実質PERを求めた後は、過去3年間のPERと比較し、割安かどうかを判断します。

過去のPERの算出はざっくり計算で結構です。
今回は任天堂の株価を参考に算出します。

引用:https://kabutan.jp/stock/chart?code=7974

過去のチャートも証券会社等のHPから確認できます。今回は「株探」というサイトを使用しました。
このチャートから年ごとの平均株価を決めます。
目視でも構いませんし、月ごとの平均株価から求めてもいいです。

そして、任天堂の有価証券報告書から過去3年の一株当たりの当期純利益を確認します。


引用:https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2018/security_q1803.pdf

2016年度
株価:22,000円 EPS:37.60円
PER=22,000÷37.6=585倍

2017年度
株価:34,900円  EPS:-11円
PER=34,900÷ー11=0倍
※PERは純利益がマイナスの場合0倍になります。

2018年度
株価:38,800円  EPS:790.9円
PER=38,800÷790.9=49.1倍

2019年6月現在
実質PER 29.83倍

過去3年と比べて今のPERが低く、割安であることがわかりますね。

低PERでも株価が上がらない場合

単純にPERが低いからという理由で銘柄を選んではいけません。
低PERでも株価が上昇しない事例をあげます。

・業績が悪化している
・市場が飽和している
・そもそも人気がない

低PERの銘柄でもきちんと選定することが必要です。

正しい低PERの選び方

低PERの中での選定基準を守りましょう

・「売上」「経常利益」が毎年増加している
・借金がない
・営業キャッシュフローがプラスになっている

これらをしっかり守って株を選定すれば、勝率は大きく上がると思います。

ではでは^^