経済

REIT指数とは!高利回りの絶好調銘柄

最近伸びに伸びているREIT(リート)指数についてわかりやすくまとめた記事です。

REIT指数は絶好調!高利回り銘柄

この記事の要点

・REITとは不動産投資信託!
・都市部の不動産は空き室がほとんどなく、賃料上昇!
・景気変動に強い安定資産!

REIT指数とは

REITのイメージ図引用:楽天証券_東証REIT

REIT
(Real Estate Investment Trust))
=不動産投資信託

REIT(リート)指数とは不動産投資信託の動向を表す指数のことです。

不動産投資信託は不動産の値上がりを狙うというよりは、賃貸収入を収入源としています。
その収益の一部が投資家に分配されます。

このREIT指数にも様々な銘柄が存在します。
・オフィス系REIT
・物流施設系REIT
など

現在東京証券取引所に上場しているREITを対象にした指数を東証REIT指数と言います。

 

REITのつよみ

低金利相場の継続

不動産市場は低金利によって恩恵をうけ、資金が流入しやすくなります。
そして、日銀は現在の超低金利政策を当面続ける見通しとなっています。

業績がいい

サテライトオフィスやシェアオフィスなど、オフィスビルの需要は非常に多いです。
都心5区でのオフィスビルの空室率はわずか2%しかないほど好調。
今後賃料の引き上げが期待できます

高利回り

分配金の利回りが高い銘柄が多いです。
東証リートETFでも約4%あります。

株式市場の不安局面に強い

REITは不安材料がないことから、株価の不安局面において、安定資産として買われやすいです。
・米中貿易戦争
・消費税引き揚げ
・アメリカ金利引き下げによる景気不安
など、株価が落ち込む機会はREITを仕込むチャンスです。

東証REIT指数のチャート

東証REIT指数の2年チャートです。

東証REIT指数のチャート

2019年に入ってからはひたすら右肩上がりですね。
オリンピックが近づいてきたことや、景気不安が引金となっているのでしょうか。

 

高利回りJリート

日本プロロジスリート 
<3283>
価格 289,700円
分配金利回り 3.46%

物流施設を開発・運用するプロロジス・グループがスポンサー。東京、大阪圏の物流施設に重点投資しています。

日本プロロジストリート投資法人のチャート

 

日本ロジスティクスファンド
<8967>
価格 275,900円
分配金利回り 3.64%

物流施設特化型。三井不動産がスポンサー。首都圏中心に近畿や中部地方へ投資しています。

 

ユナイテッドアーバン
<8960>
価格 203,000円
分配金利回り 3.74%

丸紅がスポンサー。商業施設やオフィスビル、ホテル、住居などに分散投資している。

ユナイテッド・アーバン投資法人のチャート

 

福岡リート
<8968>
価格 179,000円
分配金利回り 4.12%

福岡地所グループを中心に福岡財界が設立。九州地方の商業施設やオフィスビルを投資対象としている。
また、福岡の賃料はここ1年で10%と著しく伸びています。

福岡リートのチャート

 

以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。