銘柄紹介

インテリジェントウェイブ<4847>10月に株価高騰!

カード決済システムを手掛けるインテリジェントウェイブの銘柄分析、特徴に関して書かせていただきます。

インテリジェントウェイブ<4847>10月に株価高騰!

この記事の要点は3つ

  1. クレジットカード会社へのシェア率が非常に高い
  2. キャッシュレス化が追い風
  3. 下期の業績がよく、株価は毎年10月に高騰する

以下に企業情報等書かせていただきます。

大日本印刷の子会社

社名 (株)インテリジェントウェイブ
本社所在地 東京都中央区
設立 1984年
決算月 6月
代表取締役社長 井関司
大株主 大日本印刷(株)

 

事業内容

金融システムソリューション事業

オンライン決済処理を完遂する為のシステムの開発

同社のシステムをクラウド上で顧客に提供する事業も注力

顧客は銀行、カード会社、証券会社など、シェア率は高い

カード決済システム「NET+1」ほぼすべてのクレジットカード会社が採用

クレジットカード不正検知システム「ACEPlus」は国内導入実績No.1

 

プロダクトソリューション事業

サイバーセキュリティ対策の製品の販売業務

海外製品も扱う

 

セグメント別の営業利益です。

インテリジェントウェイブ,セグメント別営業利益

圧倒的に金融ソリューション事業が多いですね。
それでも前年よりはプロダクトソリューションの比率が増しています。

優位性

クレジットカード会社において圧倒的シェア率!
国内カード会社大手1社を除くすべてのカード会社が「NET+1」を採用しています。
さらに、国内カード会社の7割が同社の決済システムを利用しています。
全国のセブン銀行は全て同社のシステムを採用しています。

キャッシュレス化の恩恵大!
国策として広がりを見せているキャッシュレス化。
ペイペイや、LINEペイなど、QRコード決済が増えてきましたが、これら多くが同社のシステムを利用しています。

次世代不正検知システム!
クレジットカード情報の漏洩により、不正利用が後を絶ちません。
また、拡大するEC決済に対応する為、AI活用による次世代不正検知システムの実証実験が顧客のカード会社と共に行われています。



下期に期待できる

下期の業績が良い

クレジットカード会社、ネット銀行、証券会社など金融関連のシステム開発受託・ハードウェア販売・保守サービスを収益柱としている。金融業界のシステム投資や案件ごとの採算性が影響し、下期の構成比が高い特性がある。
引用:財形新聞

業績の進捗率で買い時を判断する場合は、過去の平均比率を参考したほうがいいですね。

インテリジェントウェイブ,業績

業績

2017年~2019年の売上高・経常利益・純利益の推移

インテリジェントウェイブ,売上高推移

売上高は2017年から2019年にかけて20%向上しています。
経常利益、純利益は15%向上しています。

金融システムソリューション事業
当社製パッケージが増収
クラウドサービス収益改善
販管費増加

プロダクトソリューション事業
当社製品の増加

 

財務

自己資本比率、自己資本の推移です。

インテリジェントウェイブ,自己資本比率
自己資本は年々増加していますね。自社株買いを実施しているので、それが起因していると思われます。
自己資本比率は60%以上をキープしているので倒産リスクは少ないですね。

営業キャッシュフローの推移です。

インテリジェントウェイブ,営業CF
営業CFは事業が好調なことから、右肩上がりとなっていますね。
問題ありません。

 



収益率を表す、ROE(自己資本利益率)、ROA(総資産利益率)の推移です。

インテリジェントウェイブ,ROE
ROEは11.3%と悪くありませんね。
しかし、IT業界はROEが高い企業が多いので、業界の平均よりは低いです。
ROAも同じく、低くはありませんが、業界の平均には至っていません。
設備投資を積極的に行っていることが要因の一つにあります。

 

株価推移 10月に注目

3年チャートです。


9月13日時点
株価 780円
PER 28.46倍
PBR 3.22倍
配当利回り 1.15%
信用倍率 2.48倍
外国人保有率 4.4%
回転日数 17.5日

株価は2年間ほぼ変わらず。
業績も大きく伸びていないですからね。

2017年、2018年共に10月に大きく株価が上昇しています。
下期の業績が伸びやすいことと関係しているのでしょう。
今年も10月の株価急上昇に期待したいですね。

意外と外国人保有率は低めですね。
信用倍率も低いので、暴落リスクは少ないと思われます。

 

まとめ

・キャッシュレス化と相性がいい
・カード会社のシェア率が非常に高い
・暴落リスク少ない
・自己資本比率が高く、倒産リスク少ない

・すでにシェア率が高いので、業績の大きな伸びは期待できない
・配当利回りが低い

以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。