銘柄紹介

アドウェイズ<2489>の株価予想と銘柄分析

アドウェイズの株価が今後上がると思うので、その理由を書きます。

アドウェイズの株価は上がる

このように言える根拠は3つあります

Ⅰ.ネット広告業界への追い風

Ⅱ.財務良好

Ⅲ.今は日の目を浴びていない

以下、解説していきます。

企業情報

社名 株式会社アドウェイズ
本社所在 東京都新宿区西新宿八丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー38階
設立 2001年2月28日
資本金 1,605百万円
従業員 891名
事業概要 スマートフォン向け広告事業
インターネット(PC)アフィリエイト広告事業
モバイルアフィリエイト広告事業
メディア開発・運営事業
代表取締役社長 岡村 陽久

 

事業内容

アドウェイズは以下の3つの事業を主軸としています。

  1. 広告事業

    ・「UNICORN」ユーザーに合った広告を自動で判断する広告配信エンジン
    ・「JANet」「Smart-C」個人、企業向けアフィリエイトサービス
    ・「AppDriver」スマホアプリの広告収益化サービス
  2. アプリ・メディア事業

    ・「予約TOP10」 新作アプリを事前予約できるサービス
    ・「SPOT」 観光情報を取り扱うWebメディア

  3. 海外事業

    ・海外ユーザ向け海外配送サービス。日本からの配送を取り次いでいる。

 

優位性

広告配信エンジン「UNICORN」
アドウェイズが注力しているプラットホームになります。ユーザーにとって不要な広告を排除し、有益な広告を自動で提供する機能が備わっています。また、静止画用バナーに動画広告を配信することもできます。売り上げは右肩上がりです。

引用:(株)アドウェイズ_決算資料

ネット広告が主流になる
誰もがスマホを手にし、TikTokやYoutube、Twitterが世界中で流行っています。その為、新聞やTVCMではなくネット広告に宣伝費を投資する企業が増え続けています。

引用:電通

 

気になる今後の株価

チャートはまずまず

6か月チャートです。


引用:楽天証券_アドウェイズ

株価 274円(8/27)
PER 42.2倍
PBR 0.97倍
配当利回り 0.91%
信用倍率 ー
外国人保有率 2.4%

・決算の度に大きく下がってますね。そして出来高も下降気味。
人気がなくなってきている表れです。
逆に言えば仕込み時です。

・8月の下落は赤字計上の決算発表によるものです。

・PERはやたら高いけど、PBRは1倍付近なので、そこまで割高ではありませんね
これからに期待。
参考値
インタースペース PER16 PBR1.85倍
バリューコマース PER18.4 PBR5.4倍

財務は良好

ROE 6.5%
ROA 4.1%
営業CF 947百万円
現金同等物 10,167百万円
自己資本 11,368百万円
自己資本比率 63.8%
有利子負債

良い要素
・営業CFがプラスなので、本業における利益確保ができている。
・レバレッジ経営をしていない。
・有利子負債が0なので、倒産リスクが少ない。
・自己資本比率が高いので倒産リスクが少ない。

悪い要素
・ROEがそんなに高くないので、成長率に懸念がある。
・8月に赤字転落している

 

まとめ

 

好材料
・ネット広告業界に追い風が来ている
・財務が良好、倒産リスクなし
・今は人気がないので伸びしろがある
・外国人保有率が2.4%なので、今後買われる可能性がある。

 

悪材料
・ROEが低い
・強みが少ない

ネット広告はこれからも伸び続けるでしょうし、個人的には今買っても全然アリ。

慎重派の方は次の決算で様子を見てもいいですね。

そこで下がったとしても、270円まで下がればインしちゃいましょう。

そして、できるだけ上昇トレンドの時に買いましょう。

以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。